フリースクール
大橋みなと学園

通学圏:長野県坂城町、上田市、千曲市など
*1週間の無料体験入学、実施中

コラム

[5] 交換ノート方式

平成 27 年 12 月 7 日(月)

3人の児童生徒さんの、学習の個別対応をするということは、3つの授業を同時にするような、難しさがあります。

そこで、当学園では、交換ノート方式で、個別対応をしています。

ノートに1日の学習内容のメニューを書きます。それを、目安に学習を進めます。児童生徒さんは、出来たらチェックマークを付けます。

各教科の学習も、市販のドリルも使いますが、主に、交換ノート方式でやっています。例えば、算数数学でしたら、各自のノートに、スタッフが問題を書き込みます。(新しい単元の場合は、板書や解き方も書いておきます。)それを児童生徒さんが解きます。スタッフはすぐに採点します。

準備に時間がかかりますが、市販のドリルよりも、細かな個別対応ができて、効果的な学習が出来ていると思います。

[4] 不登校でも、他の場所で学べる!

平成 27 年 12 月 3 日(木)

日本は、全国統一のカリキュラムが1つだけあって、そこから、外れてしまうと、もうだめという感じがありますけど、、、

諸外国では、全然そんなことはなくて、カリキュラムはいくつもあるし、不登校の場合にも、いくつも別の選択肢があるんです。

日本は、そういう選択肢が無いので、不登校だと良くないという風潮になってしまっているのです。

しかし、ついに、、、日本でも、学校以外での義務教育を認めるという、法律ができそうです。不登校でも、別の教育機会が、公的(法的)に認められるようになるのです。平成30年4月から制度がスタートする見通しです。

[3] カルタ学習法

平成 27 年 11 月 21 日(土)

カルタ遊びは、昔から、子供の学習教材として使われてきました。子供たちは、カードゲームが好きです。当学園でも、カルタ学習法として、カルタ遊びを取り入れています。

具体的には、都道府県カルタ、ことわざ慣用句カルタ、熟語カルタなどです。

カルタを作成するのも勉強になりますので、児童生徒さんもスタッフと一緒にカルタを作成します。

[2] 100点満点学習法

平成 27 年 11 月 2 日(月)

私は、採点をするときに、正しい答えに○をつけますが、誤っている答えに×をつけずに、返します。そして、本人はもう一度解きなおします。解き方が分からない場合は、解き方を教えます。

こうすると、必ず100点満点になります。解き直しても、解き方を教わっても、100点満点を取れたということが大切だと思います。

1度は100点満点を取れているので、復習もしやすくなります。

[1] 起立性調節障害と不登校

平成 27 年 11 月 2 日(月)

不登校で、朝起きられない、夜眠れない、だるいなどの症状がある場合、起立性調節障害(以下ODといいます)の場合があるかもしれません。私も、ODと診断されました。

ODの約3割は不登校になっているようです。

参考のサイト:起立性調節障害 Support Group